商品紹介

デトックスタイプ

外食やスイーツなどを食べる機会が多い方におすすめ

デトックスタイプ

一般的なケールとにんじんの葉の特徴

●ケールには、糖尿病など生活習慣病の予防や改善に役立つことが知られています。
●ケールやにんじんの葉にはフラボノイド系の栄養成分が豊富で抗酸化作用や免疫活性作用が報告されています。 近年では外食などでの高脂肪食やスイーツやジュースなど高果糖食品を食べる機会が増えており、肥満や肥満による代謝異常が問題となっており、これらのような緑黄色野菜の機能性は現代のヘルスケアにおいて期待されています。

こんな方におすすめ

  • 脂肪の多い食事をたべがちな方
  • スイーツや糖質を食べる機械が多い方
  • お腹のすっきり感が欲しい方

アンチエイジングタイプ

睡眠不足、年齢が気になる方などにおすすめ

アンチエイジングタイプ

一般的な赤しそと生姜の特徴

●赤しそにはアントシアニンが豊富で非常に高い抗酸化作用が報告されており、老化の影響がもっとも出や すい肝臓や腎臓、血管などの臓器の保護効果が知られています。また赤しそに含まれるロズマリン酸はアル ツハイマーや認知症への予防効果や神経保護作用が期待されています。
●生姜にはショウガオールやジンゲロンなど免疫や筋肉痛予防など体調管理に有効な栄養が豊富で、古く から漢方としても利用されてきた野菜です。

こんな方におすすめ

  • 寝不足や夜勤、働きすぎの方
  • 年齢が気になる方

野菜不足解消タイプ

偏った食習慣やコンビニ食の方などにおすすめ

野菜不足解消タイプ

一般的な7種の野菜の特徴

●ほうれん草は、カロテンが豊富で緑黄色野菜の代表とも言える野菜です。 鉄分が豊富で貧血やアスリートでの鉄分補給として取り入れやすい野菜として知られています。
●ごぼうにはクロロゲン酸が含まれており体脂肪の燃焼を促す働きが知られております。
●紫人参は、アントシアンが豊富で抗酸化作用が高く、心血管や肝臓、腎臓などの炎症を保護することが知られています。
●ビーツの栄養は鮮やかな赤色成分が特徴で血液や身体の細胞に酸素を届け代謝アップを助けることが報告されています。
●紅大根にはアントシアニン系色素のペラルゴニジンアシルギリコシドという成分が含まれており眼精疲労や抗炎症作用などが知られており通常の大根より栄養機能が得られることが知られています。
●小松菜は、ほうれん草と同様に鉄分が豊富な野菜で、ビタミンやミネラルをバランス良く含まれた野菜です。
●赤ピーマンのビタミンC量はレモンよりも圧倒的に多く、野菜の中でもトップクラスのビタミンC含有野菜です。ビタミンCにはメラニンの沈着を防ぎ、肌の張りを維持するコラーゲンの生成を促す作用が知られています。

こんな方におすすめ

  • 日頃の野菜不足を感じている方
  • キャベツやレタスなど淡色野菜ばかりになってしまう方
  • 偏った食習慣やコンビニ食、オフィス食の方